社内問題の調査は、危機管理能力と調査力のある元警察官の探偵事務所へ依頼することが安全な理由 - ファクト調査事務所ファクト調査事務所

Blog スタッフブログ

社内問題の調査は、危機管理能力と調査力のある元警察官の探偵事務所へ依頼することが安全な理由

スタッフブログ

2023.12.04

会社 問題視

社内問題の調査は、危機管理能力と調査力のある元警察官の探偵事務所への依頼が有効であることをご理解いただき、ご要望があれば、個人情報保護士と企業危機管理士が在籍する弊社にご相談ください。

1 企業が業務管理上、把握することが困難な事例

社員 悩むシルエット
把握することが困難な事例としては
1 社内不倫問題の疑い
2 元社員が他社員を引き抜いて開業した
3 競業避止契約違反(退職した社員が競合他社に勤務している
4 副業禁止規定違反している可能性
5 産業スパイの疑い
6 反社との関係がある
7 社員が労災や休業補償で長期休業
8 架空契約や水増し経費で横領している
9 社外でのセクハラやバワハラの証拠
10 依存症、精神疾患等

など多種多様な社内問題があり、事前に原因がわかれば早期対処が可能になります。

2 社内問題を社内で行うデメリット

逮捕 社員
1 法的な問題
一般人が浮気調査を行う際には、法的な問題が発生する可能性があります。プライバシーの侵害やストーキングなど、法律に違反する行為をしてしまう可能性があるため、法的なリスクが高まります。

2 証拠の収集が難しい
一般人が浮気調査を行う場合、証拠の収集が難しい場合があります。専門の調査会社や探偵は、適切な方法や機材を使って証拠を収集することができますが、一般人がそれを行うのは難しい場合があります。

3 逆効果になる可能性
一般人が浮気調査を行う場合、相手に気づかれてしまうと逆効果になる可能性があります。相手が気づいてしまうと、関係が悪化したり、信頼関係が崩れる可能性があるため、注意が必要です。

4 情報の信頼性が低い
一般人が浮気調査を行う場合、情報の信頼性が低くなる可能性があります。専門の調査会社や探偵は、訓練を受けた専門家であり、信頼性の高い情報を提供することができますが、一般人が行う場合は情報の信頼性が低くなる可能性があります。

以上のようなデメリットがあるため、浮気調査などの調査を行う際には、専門の調査会社や探偵に依頼することが望ましいです。彼らは適切な方法で調査を行い、法的な問題やリスクを回避しながら、信頼性の高い情報を提供することができます。

3 探偵事務所に依頼するメリット

ストーカー 逮捕
1 専門知識と経験
探偵事務所は浮気調査や不倫調査などの調査に特化した専門家です。そのため、適切な方法や技術を用いて調査を行うことができます。社内問題に関する調査も、探偵事務所に依頼することで専門知識と豊富な経験を活かして、効果的な調査を行うことができます。

2 中立性と客観性
探偵事務所は第三者の立場から調査を行うため、中立的で客観的な視点で問題を捉えることができます。社内問題に対する調査も、探偵事務所に依頼することで、偏りや主観的な判断を避けて客観的な情報を提供してもらうことができます。

3 機密保持と法的リスクの回避
探偵事務所は機密情報の取り扱いについて厳格な規定を持っており、情報漏洩のリスクを最小限に抑えることができます。また、法的な問題や倫理規定に違反する行為を避けるため、探偵事務所に依頼することで法的リスクを回避することができます。

4 効率的な調査と証拠の収集
探偵事務所は適切な方法や機材を用いて効率的な調査を行うことができます。社内問題に関する調査も、探偵事務所に依頼することで効率的に証拠を収集し、問題解決に役立つ情報を提供してもらうことができます。

以上のようなメリットがあるため、社内問題に関する調査を行う際には、探偵事務所に依頼することで効果的かつ安全な調査を行うことができます。

【まとめ】

男女 腕組 自身
企業内では、多種多様な社内問題を抱えながら生産性をあげるというハードな環境の中、生産性以上に企業イメージのダウンといったリスクを抱えているのが現状です。

このリスクを最小限に抑える努力をすることが、会社経営のリスクマネージメントを行うことが重要であるとご認識いただけたでしょうか。

そのためにも、法律で保護された適正業務を行い、かつ、個人情報保護管理士、企業危機管理士の資格を持つ元警察官が調査を行っている弊社にご相談ください。




この記事をシェアする