Tinder等の出会い系サイト犯罪の温床です。その危険性と特徴を理解してください。 - ファクト調査事務所ファクト調査事務所

Blog スタッフブログ

Tinder等の出会い系サイト犯罪の温床です。その危険性と特徴を理解してください。

スタッフブログ

2023.11.27

スマホ 禁止

Tinderや他の出会い系サイトは、犯罪の温床になる可能性があります。あらゆる犯罪業社等が獲物を求めて参加しているからなんです。困ったときは弊社にご相談ください。

Tinder等の出会い系サイトの危険性とは。

出会い系 スマホを見る女性
出会い系サイトの危険性とは。

1 詐欺や悪質な商法
出会い系サイトには、利用者を騙してお金をだまし取る詐欺や、利用者を脅すような悪質な商法が存在する可能性があります。

2 出会い目的以外の利用者
出会い系サイトには、出会いを求める利用者だけでなく、性的な目的や金銭目的で利用する利用者もいるため、安全性が保障されているとは限りません。

3 個人情報の漏洩
出会い系サイトに登録する際には、個人情報を入力する必要がありますが、その情報が漏洩してしまう可能性があります。

出会い系サイトを利用すること自体が犯罪となる可能性: 出会い系サイトを利用して未成年者と性的な関係を持つなど、法律に違反する行為を行うと、犯罪として処罰される可能性があります。

以上のような理由から、出会い系サイトの利用には慎重になることが重要です。利用する際には、信頼性の高いサイトを選び、個人情報の取り扱いにも注意を払うようにしましょう。

(1) 危険なユーザーとは。

盗聴
例えば
1 マルチ商法への勧誘
2 中国系投資詐欺
3 ホストクラブへの客引き
4 業者、援交
5 宗教関連
が挙げられます。

(2)危険なユーザーの特徴について

怯える 女性
1 詐欺師
お金を騙し取るために出会い系サイトを利用する詐欺師が存在します。例えば、偽の恋人として接触し、お金や個人情報をだまし取るケースがあります。

2 セクハラ行為を目的とするユーザー
出会い系サイトを利用して、性的な目的で接触するユーザーもいます。セクハラ行為を目的とするユーザーには注意が必要です。

3 犯罪者
出会い系サイトを利用して未成年者や他の利用者を犯罪に巻き込むことを目的とする犯罪者も存在します。特に、性的な目的で接触する場合は、未成年者との関わりには法律上の制約があるため、犯罪者に引っかからないように注意が必要です。

4 ストーカー
出会い系サイトで知り合った相手に執着し、しつこく連絡を取ろうとするストーカーもいます。自分を危険な状況に晒さないよう、相手の行動に注意を払うことが重要です。

これらの危険なユーザーから身を守るためには、相手とのコミュニケーションを慎重に行い、怪しい行動や言動には警戒することが重要です。また、出会い系サイトを利用する際には、プライバシーやセキュリティにも十分な配慮をすることが必要です。

Tinder等の出会い系サイトで注意すべき点について

怯える 女性
出会い系サイトで身元が分かってしまうことが一番危険なのです。

1 個人情報の管理
出会い系サイトに登録する際には、個人情報を提供する必要があります。この個人情報が漏洩してしまうと、身元が特定される可能性があります。そのため、信頼性の高いサイトを選び、個人情報の管理には十分な注意を払うことが重要です。

2 顔写真や実名の公開
出会い系サイトでは、自分の顔写真や実名を公開することが一般的です。しかし、これらの情報が第三者によって悪用される可能性もあります。特に、顔写真や実名を特定の人に公開する際には慎重になり、信頼できる相手にのみ開示するようにしましょう。

3 偽名や匿名性の利用
出会い系サイトでは、偽名や匿名性を利用して活動することも可能です。しかし、偽名や匿名性を悪用して不正行為を行うユーザーも存在するため、相手の信頼性を確認することが重要です。

4 相手とのコミュニケーション
出会い系サイトで知り合った相手とのコミュニケーションを通じて、相手の身元や信頼性を確認することが重要です。怪しい行動や言動がある場合は、相手との関わりを避けることが賢明です。

出会い系サイトを利用する際には、自身の身元情報やプライバシーを守るために慎重に行動することが重要です。相手との信頼関係を築くまで、自己保護のために注意深く行動するようにしましょう。

【まとめ】

出会い系 赤い糸
Tinder他の出会い系アプリを利用する場合は、個人情報の取り扱いには特に気を付ける必要があります。
また、初対面の相手とのデートでは公共の場を選ぶなど、自己防衛のための対策を取ることが重要です。
自己防衛の意識を持ちながら、オンラインデートアプリを利用することが大切です。

もし、悪質な出会いであった場合は、個人情報保護士・企業危機管理士の資格を有する元警察官が調査を行っている弊社にご相談ください。


この記事をシェアする